「情熱をもって皆さんにお伝えをしたいと思います」

先日、ある著名企業経営者の講演会に参加した際、自己紹介とともにこのような話をされました。
講演の最中も、「情熱をもってのぞむ」など、幾多も情熱というキーワードが出てきました。

同社は業界でも超躍進企業で、どちらかというと「なりふり構わず規模拡大」というイメージがありました。しかし、私は、すぐにその先入観を恥じました。
商流や世の中の流れ、将来性を緻密に考えていることが伺え、まさにcool head warm heart(冷静な頭脳と熱き魂)を、経営陣全体、会社全体として兼ね備えていることが伺えました。

「日本でいちばん幸せを感じられる会社をつくる」
私たちは幾多の困難を抱えた創業期、会社として大切なメッセージを定めました。

日々、多種多様な実務が押し寄せる中であっても原点を忘れず、情熱を持ち人に、物事に向かっていきたいものです。