<開催報告>第6回 ご縁をつなぐ介護木鶏会

木鶏会

加藤滋樹です。

5月14日、マイハート倶楽部・社長の石原陽児先生との共催にて、オンライン読書会「ご縁をつなぐ介護木鶏会」を開催しました。

6回目となる今回は、介護施設経営者や認知症専門家の先生、ケアマネージャーさんなど10名の方々ご参加をいただきました。

木鶏会の木鶏とは、中国の故事で「全く動じない、木彫りの鶏のような境地」のこと。
読書会に参加した方やそのスタッフの人間力を高めることが目的の読書会です。
致知出版社様の木鶏会解説はこちら。

今回のテーマは「命いっぱいに生きる」。

参加者からは、
「天からの封書の中身を問い続けたい」
「誰かのために生きることは尊い」
「許すことは美しい」
等々、素直な感想を共有することができました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

小生の感想文は5月7日の社内木鶏会の投稿に掲載をいたしました。
ご高覧をいただけましたら幸いです。

関連記事一覧